インストーラは、管理者ユーザー以外でシェルを使用する準備を特にはしないようなので、手動で設定を行う。(201411)

msys2のインストールフォルダを、ここでは S:/msys64とする。

管理者ユーザーでインストールした後、標準(制限)ユーザーでシェルを開始しようとすると(msys_shell.bat, mingw64_shell.bat)、以下のようにうまくいかない。

chmod: changing permissions of ‘/dev/shm’: Permission denied
chmod: changing permissions of ‘/dev/mqueue’: Permission denied
mkdir: cannot create directory ‘/home/ohi2’: Permission denied
/home/<user> could not be created.
Setting HOME to /tmp.

<user>@<host> MINGW64 ~
$

そこで インストールフォルダ以下で、幾つかのACLを調整する。

  • S:\msys64\dev\shm および mqueue

Authenticated Usersへ、属性の書き込みを許可

  • S:\msys64\tmp

Creator Ownerフル コントロールを許可(再帰的)

Authenticated Uses へ、ファイルの作成フォルダの作成を許可(このフォルダのみ)

  • S:\msys64\home

Creator Ownerへ、フル コントロールを許可(再帰的)

Authenticated Usersへ、フォルダーの作成を許可(このフォルダのみ)

実際にログインしてチェックする。標準(制限)ユーザーで、シェルを開始する(msys2_shell.batmingw64_shell.bat)。以下のようにスケルトンがコピーされ、エラーメッセージが出なければOK。 /tmpが書き込み不可だと、bashのコンプリージョン等でもエラーがでるのに気がつくだろう。

Copying skeleton files.
These files are for the users to personalise their msys2 experience.

They will never be overwritten nor automatically updated.

‘./.bashrc’ -> ‘/home/<user>//.bashrc’
‘./.bash_logout’ -> ‘/home/<user>//.bash_logout’
‘./.bash_profile’ -> ‘/home/<user>//.bash_profile’
‘./.inputrc’ -> ‘/home/<user>//.inputrc’
‘./.vimrc’ -> ‘/home/<user>//.vimrc’

<uesr>@<host> MINGW64 ~

以上