sdカードへインストールする。 / はf2fs。sdカードはパーティション済み。

mount point dev fstype note
/boot /dev/mmcblk0p1 ext4 使いまわし
/ /dev/mmcblk0p3 f2fs  

USB起動直後

Archのインストールメディアで起動する。 # loadkeys jp106 # mkfs.f2fs -l SD_ArchLinux /dev/mmcblk0p3 # mount -o relatime /dev/mmcblk0p3 /mnt

(/bootは旧のまま温存するのでマウントしない)

無線LAN接続

# wifi-menu は失敗した。 自動でスキャン、候補が表示される。うちのはssid非公開なのでssid欄が空)wifiプロファイル名設定 w1p1s0-xxx を入力。w1p1s0-ohi にした。wpa security key 入力 (サーバの hostapd.conf の wpa_passphrase

旧から /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant@wlan0.conf を改名コピー (wlan0->wlp1s0、インターフェース改名していたため)。中身はそのまま # systemctl start wpa_supplicant@wlp1s0.service start # dhcpcd wlp1s0

ミラー選択

# vi /etc/pacman.d/mirrorlist

ベースシステム

# pacstrap /mnt base base-devel

fstab

一応、genfstabの出力を見たら、f2fsのマウントオプションがたくさんあった。古いfstabを /mnt/etc/fstabにコピーの上、マウントオプションをf2fs用に変更。

chroot 環境

chroot

# arch-chroot /mnt
# set PS1="## "

rootパスワード

## passwd

基本設定

## echo "sake" > /etc/hostname
## ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
## vi /etc/locale.gen
## locale-gen
## echo LANG=C > /etc/locale.conf
## echo KEYMAP=jp106 > /etc/vconsole.conf

initramfs作成

f2fsのモジュールが必要。 とりあえず、ブートローダはインストールせず旧のまま使う。

## pacman -S f2fs-tools

## vi /etc/mkinitcpio.conf
MODULES="f2fs"

## mkinitcpio -p linux # /bootをマウントせずに
## ls /boot
initramfs-linux-fallback.img  initramfs-linux.img  vmlinux-linux  

旧カーネル+initrdを改名保存(HDDの旧システムを起動できるように)

## mkdir /realboot
## mount /dev/mmcblk0p1 /realboot/
## mv initramfs-linux-fallback.img  initramfs-linux-4.2.3-1-ARCH-fallback.img
## mv initramfs-linux.img       initramfs-linux-4.2.3-1-ARCH.img
## mv vmlinuz-linux     vmlinuz-linux-4.2.3-1-ARCH

mkinitcpioの結果を /bootパーティションへ移動

## mv /boot/initramfs*.img /boot/vmlinuz-linux realboot/


## umount /realboot
## rm -d /realboot

無線LAN準備 ## pacman -S wpa_supplicant (chrootから一旦抜けて、さっき使ったwpa_supplicant-wlp1s0.conf を /mnt/etc/wpa_supplicant/ へコピー) (も一回chroot) ## systemctl enable wpa_supplicant@wlp1s0.service start

終了

## exit (chroot抜ける)

# umount -R /mnt
# umount /sdc3 (旧HDD/ ro)

リブート

後は、前回の[再インストール]参照。

/etc/ssh/sshhost* を旧からコピーするとサーバー鍵が活きる。