Arch Linuxでibus-mozcを導入したけど firefoxとoperaがmozcを使ってくれなかったので対処。(201412)

  1. 環境変数は先頭で良い

    export GTK_IM_MODULE=ibus
    export XMODIFIERS=@im=ibus
    export QT_IM_MODULE=ibus
    
  2. /etc/X11/xinit/xinitrc.d の実行 ここで ibusより先にdbus を立ち上げる。

    user dirs を英語表記にするため、/etc/X11/xinit/xinitrc.d/xdg-user-dirs を LC_ALL=Cで実行する。

    既存のuser-dirsを作り直させるには、~/にあるuser dirsと ~/.config/user-dirs.* を削除してログイン。

    LC_ALL=C
    if [ -d /etc/X11/xinit/xinitrc.d ]; then
      for f in /etc/X11/xinit/xinitrc.d/*; do
        [ -x "$f" ] && . "$f"
      done
      unset f
    fi
    
  3. 日本語ロケールの設定

    LC_ALL=ja_JP.utf8 ; LANG=ja_JP.utf8 ; LC_NUMERIC=ja_JP.utf8 ; LC_TIME=ja_JP.utf8 ; LC_MONETARY=ja_JP.utf8 ; LC_PAPER=ja_JP.utf8 ;LC_MEASUREMENT=ja_JP.utf8
    
  4. ibus-daemon 起動 (dbusより後なのが、多分味噌)

    ibus-daemon -drx
    
  5. デスクトップ環境起動

    # exec gnome-session
    # exec startkde
    exec startxfce4
    # ...or the Window Manager of your choice